18 April

春始動





車庫にスズメが巣を作りはじめ、
半年ぶりに、車庫ネコのお母さんに会いました。
家の前をお散歩中、ちょっと車庫を見ていきましたが、
中に入った様子もなく、隣の牧場の方に行きました。
元気にしていたようで、うれしいです。


08:33:11 | 5daityan | |

13 December

泣かれました


マルコちゃんと約7ヶ月ぶりの再会。
ところが、顔を見るなり泣かれました。
その後、何度見ても大泣きされます。

よほど機嫌のいいときは、笑ってくれますが、
ママがいなくなると大泣き。
帰るまでには、仲良くなろうと作戦を練っています。






10:55:40 | 5daityan | |

26 October

かえってきた架空ネコ

車庫にネコの家族が居着いてから、
登場する機会がなかった「架空ネコ」が、やっとでてきました。

それも、ペンタブのニューバージョンで…。


1

『ぜんぜん声がかからなかったね。』
『忘れられたのかとおもったよ。』

2

『今さら、ねぇ。』
『ちょっと、グレてやろうか。』

3

『でも、わたしたちはおばさんしだいだものね。』
『おばさんのアイデア、かれてきたんじゃない。』

「なにぃ…」
『あっ、聞こえたのかしら。』



14:45:25 | 5daityan | |

15 October

冬支度


外の片付けは、今のうちにしておかないと雪が降りだしたらできません。
車庫は、ネコちゃんのための改装のとき片付けたので少しスッキリしました。
外の物置も整理する予定だったけれど、このままになりそうです。
今できなければ、来年になってしまいます。
よほどの時は、防寒着を着てしますが、それほどのこともないので…。

さて、ネコの家族ですが、帰ってきません。
先週いなくなって、2日目の夜、タビが一匹だけ帰ってきてミャーミャー鳴いていました。
親とはぐれたんでしょう、必死に鳴いて探しているので、
エサを置いてやったのですが、見向きもせずに出て行きました。

仔ネコたちは、ここで生まれたから帰りたいのかもしれませんが、
お母さんネコは、冬を知っているからここでは無理と思ったんでしょうね。
牛舎なら温かいから、
たぶん越冬できる所に仔ネコたちを連れて行ったんだと思います。

と、書いていたら、家の外にお母さんネコがいました。
何か探しているようです。
家の裏に行って、ニャーと鳴いています。
やはり、仔ネコを呼んでいるのです。
11日ぶりの再会です。


1

お母さんネコは、あちこち捜して、
ニャーと呼びながらじっと待っています。

2

しばらくして、ハチが来ました。
なんと、大きくなっています。

3

ハチは喜んで、寄っていきました。
なのに、お母さんネコは、耳を咬んで怒っています。

4

ハチは、しかたなく離れました。

5

ハチは、距離をおいたままじっとしています。
お母さんは、横になり毛づくろいをはじめました。

6

ハチは、お母さんを遠巻きにして歩いて、

7

反対側に来て、止まりました。
お母さんは、相変わらず毛づくろい。

8

ハチは、そーっと近づきます。

9

ハチは、ほんとうにそーっと歩いています。

10

そしてついに、お母さんにくっつきました。
お母さんは怒らないで、毛づくろいをしてくれました。

11

ところが、しばらくして、
お母さんは立ち上がってしまいました。

12

しばらくして、トラもやって来て合流しました。
トラは、お母さんより大きくなってました。



その後、車庫を見ましたが、寄った気配はありません。
我家の車庫は、お産と子育てだけだったのかもしれません。



14:27:00 | 5daityan | |

05 October

北国のジプシーキャット


車庫ネコの家族は、移動生活を続けています。
全員いない日が2、3日続くと、
2匹だけ帰ってきて、次の日にもう1匹、
そしてお母さんネコも帰ってきて、またいなくなるといったかんじで、
いたりいなかったりなんですが、
仔ネコたちも、個性がでてきたので紹介します。


ワイルド・ハチは、
すぐ隠れるので、一番怖がりかと思ってましたが、
今では、車庫の中でなく、外まで逃げて行きます。
お母さんネコのおみやげもムシャムシャ食べてました。
ネズミかどうかは未確認ですが、
あのカミカミぶりはどうも…。

1



すっとび・タビは、
一番甘えたで、お母さんネコとはなれるとミャーミャー鳴いて、
いつまでもおっぱいが好きだったのですが、
今は、高い所を超スピードで走り回ります。
だから、タビがいると、いろんな物を落とされます。

2



ちょいなれ・トラは、
一番体が大きく、始めのうちはお母さんネコにくっついて
どこへでも行ってましたが、
今は、カリカリを食べる量も少なく、落ち着いています。
あまり逃げないで、手で遊んでやるとタッチしてきます。

3




はずれ・茶トラは、
小さい時は、トラととっくみあい遊びをよくしていたのですが、
最近は、1匹だけはぐれて、帰ってこないことがよくあります。
3匹は帰ってきても、茶トラだけいなくて、
数日後に合流するといったかんじです。

4





12:02:29 | 5daityan | |